あなたの周りの機密情報  機密文書出張細断サービスとは    
 機密文書出張細断サービスの特徴  ご利用の流れ  Q&A
 
 
 
 
  某プロバイダの場合
 
約460万人の顧客情報が流出し、一人当り500円相当の金券を送付。送料も含めると、約40億円の補償費となった。
翌月の新規加入件数は前年比36%減少。
運営企業を相手に弁護士らによって訴訟が発生。
  某コンビニエンスストアチェーンの場合
 
会員カードの顧客情報56万人分をシステム開発会社関係者が流出させた事が発覚。
115万人の被害会員全員におわび状と500円分の商品券を送付。
送付コストなどを含めて5億円以上の経費がかかったと見られる。
  某百貨店
 
会員データ38万人分を社員が信用会社に売却したことが発覚。
長年築き上げた信用が一気に失墜し、カード会員脱会者激増したうえ、新規会員獲得数激減。
  某通販会社
 
数十万人分の顧客情報がシステム開発会社から漏洩。
販売活動自粛等で損失は数十億にのぼる。
 
 
 
 
     
 
  株式会社近江美研提供:近江美研HPに掲載の記事・写真および図版の無断転載を禁じます。