あなたの周りの機密情報  機密文書出張細断サービスとは    
 機密文書出張細断サービスの特徴  ご利用の流れ  Q&A
 
 
 
  東京都某区が、5月に住所や氏名などの区民情報を記載した住民票などの申請用紙約五千七百枚を廃棄処分のために搬送中に、高速道路でトラックの荷台から落とし、路上にばらまいていたことが分かった。これらの書類は一年間保管した後に、廃棄して再生紙にするため、運送業者に委託して製紙工場に2トントラックで運ぶ途中だった。 (2005/7/27 中日新聞)
  札幌市某区保健福祉部の廃棄書類の一部が篠路清掃工場へ搬送される途中、トラックの荷台から路上に落ちていたことが判明。書類には氏名、住所、年齢、身体状況などの個人情報が含まれているが、何冊が落下したのか不明という。 (2005/5/28 毎日新聞)
  大手通信会社の委託により、某マーケティング会社が保管していた146件の個人情報が記載された携帯電話申込書が名古屋市内の公園で回収される。
(2005/5/23 日本経済新聞)
  大阪府某市は、所得額など個人データを含む「市民税・府民税特別徴集税額決定通知書」1万686人分を、印刷会社から同社のトラックで運送途中に路上で盗まれる。
(2005/5/13 日本経済新聞)
  某鉄道会社は、関連会社社員が「定期券申込購入用紙」を処分する際、シュレッダーが故障していたため、2,671枚を焼却処分。燃え残りが風に飛ばされて、個人情報が流出した可能性があることを発表。
(2005/4)
  大手石油会社が発行するクレジットカードの会員情報92万人分が流出。約10億円の対策費用が必要となる。
(2004/6/9 日本経済新聞)
  三重県内の病院で、入院患者の病名や診療歴などを含む内部文書等が院外へ流出していたことが判明。病院地下のごみ置き場に医療情報を含む文書などと一緒に出されていたものが流出したとみられる。
(2004/5/22 朝日新聞)
  大手飲料会社の顧客約7万5,000人分の個人情報が、東京都内の二つの名簿業者に流出。サンプル商品の申し込み受付業務を請け負った都内のマーケティング代行会社から流出した可能性が高いとされる。
(2004/3/31 日本経済新聞)
  兵庫県某市が、同市垂水区役所の廃棄文書をごみ収集車で焼却場に運ぶ途中に区民約340万人分の氏名や住所、年収などの個人情報が書かれた書類27枚を道路などに落としたと発表。
(2004/2)
  某大手プロバイダーから、約460万人分の個人情報が流出。顧客への保証金等で約40億円の費用が発生することを発表。
(2004/3/1 日経産業新聞)
  某大手信販会社の、住宅ローン顧客2,390人分の個人情報が記載された明細書を、依託先の運送会社が運送中に紛失。
(2003/8/21 日本経済新聞)
 
 
     
 
  株式会社近江美研提供:近江美研HPに掲載の記事・写真および図版の無断転載を禁じます。